NEWSお知らせ

2024.01.22

コラム

停電知らず!太陽光発電とエアコン修理の意外な関係性とは?

・太陽光発電システムの基本的な仕組みとは?

・自家発電への切り替える方法と必要な費用

・FIT制度とは?そのメリットとデメリット解説

・電気を売る?余剰電力の活用方法とそのメリット

・住宅用太陽光発電システムとは?選択肢とそのモデル一覧

・全量型と蓄電池型:太陽光発電の選択肢

・後からでも太陽光発電に切り替えることは可能?

・補助金終了後も太陽光発電は得なの?詳しい解説と事例紹介

・停電知らずの生活:太陽光発電と蓄電池の重要性

・イメージでは分からない太陽光発電設置のポイントと注意点

・設置から10年後の太陽光発電システムの実態

・自家消費型太陽光発電の魅力とは?

・太陽光発電とEV(電気自動車)の相乗効果

・余剰電力の有効活用方法とそのメリット

 

 

太陽光発電システムの基本的な仕組みとは?

 

太陽光発電のシステムは、特に持続可能な省エネ解答として高い評価を受けています。このシステムは、太陽のエネルギーを電気に変換して家庭や企業で電力消費を削減し、生活費用の削減を目指すものです。

 

太陽光発電の仕組み

 

太陽光発電システムの基本的な仕組みは次の通りです。太陽エネルギーは太陽光パネルによって吸収され、直流電力(DC)に変換されます。しかしながら、家庭や企業で使う電力は交流電力(AC)です。そのため、インバーターという装置が使われて直流を交流に変換します。そして、この電力は電力会社に供給したり、自家消費したりします。

 

太陽光発電の設備

 

太陽光発電の設備には、太陽光パネル、インバーター、そして場合によっては蓄電池などが含まれます。これらの設備は各自の役割に応じて、利用者のエネルギー消費ニーズに対応し、電力供給の最適化に貢献します。

 

太陽光発電の導入

 

太陽光発電の導入は検討すべき多くのポイントがあります。例えば、導入には初期費用が必要です。しかしながら、FIT制度や補助金などを活用すれば、費用を大きく抑えられる可能性があります。また、設置場所や設備の容量も考慮する必要があります。これらの要素は全て、電力の発電量と効率性に直結します。

 

余剰電力の活用

 

太陽光発電システムは、必要以上の電力を発生した場合、それを余剰電力として電力会社に売却できます。この余剰電力の売却は、電力量(kWh)に応じた買取価格で行われます。

 

太陽光発電への切り替え

 

太陽光発電への切り替えは、既存の電力供給からの移行を意味します。これは自己発電と消費の自主性を増すだけでなく、電気料金の削減や環境対策にも貢献する重要な一歩です。

 

 

自家発電への切り替える方法と必要な費用

 

太陽光発電への切り替えは、エネルギー費用の削減と環境への負荷軽減という二つの大きなメリットがあります。初期投資は必要ですが、その後の電力自給自足と余剰電力の買取制度による収益、そして長期的な視点で見れば環境負荷の軽減といった利点が期待できます。

 

1.設備選びと見積もり

まずは、太陽光発電設備の選び方から始めましょう。設備の選択は、その後の発電量や設置費用に大きく影響します。そのため、信頼性や性能、長期間の保証内容等を考慮してメーカーを選定し、必要となる設備の一覧とその費用を把握しましょう。

 

2.設置場所の確認

次に、設置場所の選定が必要です。屋根の形状や面積、天候、建物の向きなどによって太陽照射量は大きく変わります。これらの要素を考慮して最適な設置場所を検討します。

 

3.導入費用の見積もりと補助金の活用

太陽光発電システムの導入には、設置費用やメンテナンス費用などが必要です。これらの費用は一般家庭では少なからず負担となりますので、国や地方公共団体から提供される補助金制度を活用することで、初期投資の負担を大きく軽減することが可能です。

 

4.契約と設置

適切な設備と設置場所、そして費用計画が整ったら、導入を正式に契約し設置を行います。設置には専門の業者が必要となりますので、信頼できる施工業者を選ぶことも大切です。

 

5.電力会社との連携

設置後は、電力会社との間で売電契約を結びます。また、自宅で消費しきれない電力は電力会社に売ることで、売電収入を得ることも可能です。

 

以上が自家発電での太陽光発電への切り替え方法です。導入には一定の手間と費用が必要ではありますが、環境負荷の削減や長期的に見た時の電力費の削減など、様々なメリットがあります。

 

 

FIT制度とは?そのメリットとデメリット解説

 

FIT制度(Feed-in Tariff)とは、再生可能エネルギー発電に対し、確定価格で一定期間買い取りを義務付ける制度のことを指します。太陽光発電を含む再生可能エネルギーソースから生産された電力は、電力会社によって固定された単価で買取られます。この制度は、再生可能エネルギーの導入を促進し、環境対策強化を志向する独自のエネルギーポリシーの一部となっています。

 

<FIT制度のメリット>

 

FIT制度は、以下のようなメリットが認識されています。

 

1.保証された収入:FIT制度は、一定期間(現在は10年間)の電力買取を保証します。これにより、太陽光発電などの再生可能エネルギー設備を設置する動機付けとなり、リスクを軽減します。

 

2.環境への貢献:再生可能エネルギーへの取り組みを促進し、一般的にCO2排出量を削減するという大きな環境保護への貢献が見込めます。

 

<FIT制度のデメリット>

 

しかしながら、FIT制度には以下のようなデメリットも存在します。

 

1.買取価格の下落:FIT制度の導入初期には、買取価格は非常に魅力的でしたが、技術進歩により設備コストが下落するとともに買取価格も下落しています。

 

2.電力会社への依存:家庭で消費できなかった電力は電力会社に売ることになりますが、電力会社からの買取が停止などのリスクがあります。

 

 

電気を売る?余剰電力の活用方法とそのメリット

  1. 電力会社への売電

 

自家消費を超えた電力は、電力会社へ売電することが可能です。日本においてはFIT制度という制度がありますので、一定期間(現在は10年間)、一定の単価で電力会社に買い取ってもらうことができます。この売電により得られる利益は、設備投資の回収や家計への寄与となります。

 

  1. 蓄電池への蓄電

 

余剰電力は、蓄電池に蓄えておくことも可能です。蓄電池に備えておけば、停電時でも自家発電により電力を供給することができます。さらに、電力会社のピーク時に電力を供給する「ピークシフト」による電気代の節約も可能となります。

 

<余剰電力の活用メリット>

 

「電力を売る」と「電力を蓄える」この2つの方法から得られるメリットは以下のとおりです。

 

1.経済的なメリット:電力会社へ売電することで得られる利益、または、蓄電池からの電力供給による電気代の節約は、家計における大きなメリットとなります。

 

2.安全性の向上:停電対策としての蓄電池は、災害時や電源供給が不安定になった際におけるセーフティネットとして機能します。

 

3.環境貢献:太陽光発電を活用し、余剰電力を売電または蓄電することで、化石燃料による電力生成から抜け出すことが可能となり、CO2排出量の削減など環境貢献につながります。

 

 

住宅用太陽光発電システムとは?選択肢とそのモデル一覧

 

住宅用太陽光発電システムは、太陽からの光を電力に変換するシステムです。このシステムを自宅などの住宅に導入することで、家庭での電力消費をカバーしたり、余剰電力を電力会社に売電したりすることが可能となります。特に太陽光発電は再生可能エネルギーの一種であり、自然環境への負荷が低く、長期的に見て経済的にもメリットが大きいため、注目されています。

 

<住宅用太陽光発電システムの選択肢>

 

住宅用太陽光発電システムを選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

 

設置スペース:システムを設置するスペースの大きさや、そのスペースが日照条件に適しているかが重要となります。

 

システムの規模:一般的に、システムの規模は日常生活で必要となる電力量により決定されます。

 

補助金:政府や自治体からの補助金制度を利用することで、初期費用の負担を軽減することが可能です。

 

なお、具体的なシステムの選択や施工については、太陽光発電の設置・運用に詳しい専門業者に相談することをおすすめします。

 

<住宅用太陽光発電システムのモデル一覧>

 

以下に、一般的な住宅用太陽光発電システムのモデルを紹介します。

 

1.単結晶シリコン太陽電池:高い発電効率を誇る一方で、他のモデルと比べて価格は高めです。

 

2.多結晶シリコン太陽電池:発電効率は単結晶よりやや低いものの、価格が安いためコストパフォーマンスに優れています。

 

3.薄膜太陽電池:発電効率は低めですが、設置スペースに制限がある場合や、曲面への取り付けが可能など、設置の自由度が高いというメリットがあります。

 

尚、どのモデルを選択するかは、それぞれの発電効率、価格、設置条件などを総合的に考慮して決定することが望ましいです。

 

 

全量型と蓄電池型:太陽光発電の選択肢

 

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを利用して電力を生成するアプローチで、エコロジーとコストパフォーマンスを兼ね揃えたエネルギー源として広く活用されています。主に2つのモデル、”全量型”と”蓄電池型”があり、それぞれ少しずつ異なる特性と利点を持っています。

 

全量型太陽光発電システム

全量型太陽光発電とは、すべての発電量を電力会社に売ることを目的としたシステムです。発電した電力は全て電力会社に売られ、その売上によって投資コストを回収します。FIT制度と呼ばれる買取制度により、一定の期間(通常10年間)電力会社が一定の価格で電力を買取ることが決まっています。

 

蓄電池型太陽光発電システム

一方、蓄電池型太陽光発電では、発電した電力を自家消費した後の余剰電力だけを電力会社に売る仕組みが取られます。これには蓄電池が必要となり、発電した電力はまず蓄電池に保存され、必要に応じて供給されます。停電時にも電力供給が可能となり、災害時などの非常時にも安心の電源となります。

 

どちらの型を選択するかは、自身のエネルギー需要、費用対効果、生活スタイル、電力供給の安定性などを考慮に入れる必要があります。

 

選択肢の比較

全量型は初期投資を早期に回収するためのモデルで、ある程度のスペースを有効活用して余剰電力を大量に発電できる場合に適しています。一方、蓄電池型は家庭での自給自足に重点を置いており、利用者が電力を必要とする時間に電力を供給することを目指しています。

 

 

後からでも太陽光発電に切り替えることは可能?

 

皆さんは、後からでも自宅を太陽光発電に切り替えることが可能だということをご存知でしょうか?電力消費の削減や電気料金の節約、さらには自然環境に優しいエネルギー源として太陽光発電は注目を浴びています。では、すでに住まいがある場合、太陽光発電に切り替えることは実際に可能なのでしょうか?

 

答えは「はい、可能です」。太陽光発電の設備を設置するために新築時からの配慮が必要と思われがちですが、既存の住宅にも後付けで太陽光発電を導入することが可能です。

 

<切り替える際のポイント>

太陽光発電への切り替える際は、以下のようなポイントが重要となります。

 

1.屋根の状況:屋根の面積、形状、方向、傾きなどが求める発電量や設備の設置に影響を及ぼします。確認の上、専門家のアドバイスを仰ぎましょう。

 

2.費用と回収期間:初期費用はしっかりと予算を立て、可能な限り補助金を利用して負担を軽減しましょう。また、自家消費や余剰電力の買取による収入で費用を回収できる期間を見積もります。

 

3.電力会社との契約:電力会社への売電や余剰電力の買取りなど、電力会社との新しい契約が必要となるため、事前に調査を行います。

 

後からでも切り替え可能とはいえ、設置工事には一定の規模と時間が必要です。慎重な施工が行われ、十分な安全対策が取られることが重要です。

 

需要に合わせた型の選択

太陽光発電には大きく分けて、すべての発電した電力を売る全量販売型と、蓄電池に保存し必要な時に使用する自家消費型の2つの形態があります。これらはそれぞれのライフスタイルや電力需要に合わせて選ぶことが可能です。エネルギーの自給自足を目指す場合や、災害に備えた電源確保を考える場合は、自家消費型が適しています。

 

 

補助金終了後も太陽光発電は得なの?詳しい解説と事例紹介

太陽光発電は環境に優しく、長期的なコスト削減が望めるエネルギー源として注目を浴びています。特に補助金の活用による初期費用の削減が重要とされてきましたが、これらの制度が終了または変更になると、その利便性はどうでしょうか。

 

<補助金終了後の太陽光発電>

補助金・FIT制度などが終了した場合でも、太陽光発電は有益な選択肢とすることが可能です。その主な理由は以下のとおりです。

 

運転・メンテナンス費用の削減:太陽光発電は、電力を発電するための主要な「燃料」である太陽光が無料であり、よくメンテナンスを行えば、長期間にわたって一定の発電性能を維持することが可能です。

 

電気料金の削減:自家消費型の太陽光発電システムを導入した場合、発電した電力は自宅で利用することが可能です。これにより、電力会社からの電力の購入量が減少し、電気料金を大幅に削減することができます。

 

余剰電力の販売:発電した電力の一部は、余剰電力として電力会社に売ることが可能です。電力会社からの買取価格は一定であるため、確定的な収入となります。

 

<具体的な事例>

具体的に考えてみましょう。例えば、10kWの太陽光パネルを設置した場合、一年間で約12,000kWhの電力を発電することができます。もし全ての電力を自家消費できたとしたら、年間で配電網から購入する電力が大きく減り、その分電気料金を節約することが可能となります。

 

また、全てを自家消費しきれない場合でも、余った電力は電力会社に売ることも可能です。この販売収入によって、設備投資の回収を早めることができます。

 

 

停電知らずの生活:太陽光発電と蓄電池の重要性

昨今、自然災害の増加やエネルギー問題の影響により、電力供給が不安定になることもあります。そんな状況下で「停電知らずの生活」を実現するために活躍するのが、「太陽光発電」と「蓄電池」です。

 

停電から守る、太陽光発電と蓄電池

太陽光発電は、太陽光をエネルギー源として電力を発電するシステムを指します。紹介するまでもなくエコロジーに優れ、創出する電力は自家消費用として用いられます。一方、蓄電池は発電した電力を蓄えておくことで、電力供給が停止(停電)した際も安定した電力供給を行うことができます。

 

太陽光発電と蓄電池のメリット

太陽光発電と蓄電池の組み合わせが持つ最大のメリットは、停電時や夜間、日照のない状況でも電力を使用できるというポイントです。自家消費型の太陽光発電システムを導入し、余剰発電電力を蓄電池に蓄えておくことで、電力供給が途絶える心配が著しく減少します。

 

また、災害時に供給がストップした場合でも、自立した電源として活用することが可能です。夜間でも冷蔵庫や照明など、最低限の電力供給は確保できます。

 

太陽光発電と蓄電池の設置

それでは具体的に、太陽光発電と蓄電池を導入するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。まず、自宅の屋根面積や日照量などをチェックし、太陽光パネルの設置が可能かどうかの基本的な条件を確認しましょう。

 

次に、太陽光発電設備や蓄電池の選定です。発電効率とコストのバランス、蓄電池の容量や、メンテナンス性などを念頭に設備を選びましょう。

 

 

イメージでは分からない太陽光発電設置のポイントと注意点

自宅や企業の電力を補うエコロジーな代替エネルギーとして、太陽光発電の設置を検討する人が増えています。しかし、太陽光発電を導入するうえで必要な点や注意点はイメージだけでは理解しきれません。この記事では、そのポイントと注意点について詳しく紹介します。

 

設置のポイント

まず重要なのが、屋根の面積と日照条件です。この条件が良ければ発電量も増え、電力会社への売電や自家消費が増えます。設置場所を選定する際は、専門家と相談しながら最適な場所を検討しましょう。

 

また、選べるパネルの種類と価格も重要です。高効率のパネルは比較的価格が高い傾向がありますが、それに見合う発電量を期待できます。また、パネルの種類によってメンテナンスが異なるため、それも選定のポイントとなります。

 

注意点

設置の後は、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。メンテナンスを怠ると発電性能が下がり、寿命も短くなります。また、購入時の保証条件やアフターサービスも重要なため、契約前にじっくりと確認しましょう。

 

蓄電池についても考慮が必要です。発電した電力を蓄電池に蓄えることで、電力供給が不安定になっても安心です。但し、蓄電池の寿命やメンテナンスについても理解しておきましょう。

 

そして、可能なら補助金などの制度を活用しましょう。設置費用と運用費用を抑えることで、エコロジーな生活を維持するための負担を抑えることが可能です。

 

 

設置から10年後の太陽光発電システムの実態

太陽光発電システムを設置して10年が経過した今、その実態はどのようなものなのでしょうか。この記事では、その事例とともに、その内容について詳しく述べていきます。

 

発電性能の維持

一般的に、適切なメンテナンスを行っていれば、太陽光発電のパネルは10年後も80~90%程度の発電性能を保つとされています。自家消費型の太陽光発電システムを利用していれば、そのほとんどは自家消費電力として活用でき、電気代の大幅な節約に繋がります。

 

蓄電池の寿命

一方で、蓄電池の寿命は一般に5~10年とされており、10年経過するとその性能が落ち始めます。だからこそ、定期的なメンテナンスと必要に応じた交換が重要です。これにより、夜間や災害時の電力供給の安定性を保つことが可能になります。

 

買取制度(FIT)の終了

設置当初に受けていたであろう10年間の固定価格買取制度(FIT)は、その大半が2022年や2023年に終了しています。これにより、電力会社への電力販売による収入は減少するかもしれません。しかし、自家消費を増やすことで電力代を抑えるなど、自己消費型の太陽光発電システムは依然として大きな魅力を持ち続けています。

 

以上の点を考えると、設置から10年経過した太陽光発電システムは、高い発電性能を保ちながら、自家消費電力として活用することで電力コストを大幅に抑えることが可能です。

 

 

 

自家消費型太陽光発電の魅力とは?

昨今、エコロジーと経済性を兼ね備えた自家消費型太陽光発電が注目されています。これは一体どのようなシステムなのか、またその魅力とは何なのかについて解説します。

 

自家消費型太陽光発電とは、設置した太陽光発電システムで生成した電力を直接自家消費するシステムのことを指します。自宅や事業所で使用する電力を太陽光発電で賄うことで、電気代を大幅に節約することができます。

 

その魅力は、以下のポイントに集約されます。

 

1.電力供給の安定性

太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることで、電力供給の安定性を保つことができます。災害時の非常用電源としても活用可能です。

 

2.経済性

自宅や事業所で消費する電力を自家生産できるため、電気料金の削減、また電力会社からの買取による収入など、経済的なメリットがあります。

 

3.エコロジー

太陽光発電は再生可能エネルギーの一つであり、CO2排出量を抑えることができます。環境負荷の低減という観点でも自家消費型太陽光発電は魅力的です。

 

一方、ポイントとなる注意点もいくつかあります。

 

1.設置条件

設置場所の日射量や屋根の形状、向きなどが発電量に大きく影響します。計画的な設置が必要です。

 

2.設備の選択

発電パネルや蓄電池の性能や品質、予算などにより選択する設備が異なります。信頼できるメーカーや業者を選ぶことが重要です。

 

3.メンテナンス

システムの性能を維持するためにも定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスの計画も含めた設置を検討することが大切です。

 

 

太陽光発電とEV(電気自動車)の相乗効果

エコロジーの波は自動車業界にも押し寄せ、電気自動車(EV)が増えてきました。同時に、再生可能エネルギーとしての太陽光発電も進化し、私たちの生活にますます深く根ざしています。これら2つの技術が融合することで、新たな効果的なエネルギー利用が可能となります。この記事では太陽光発電とEVが持つ相乗効果について紹介します。

 

<太陽光発電とEVの相乗効果>

環境負荷の軽減:太陽光発電で得た電力をEVへの充電に使用することで、化石燃料によるCO2排出をさらに削減します。自然エネルギーによる運転が可能となり、エコフレンドリーな移動手段となります。

 

経済性:自宅で発電した電力を使って車を動かすことで、ガソリン代または電力代を節約できます。さらに余剰電力があれば、それを電力会社に売ることが可能です。

 

蓄電機能:EVのバッテリーは蓄電池としても機能します。これにより、発電した電力を有効に使えるだけでなく、非常時の電源としても活用できます。

 

<注意点>

このメリットを享受するためには、EVと太陽光発電システムが連携可能な環境を整備する必要があります。具体的には、以下の3点が重要です。

 

適切な設備:太陽光発電システムのパネルの設置範囲や品質、EVの使用頻度やバッテリー容量等を考え、最適な設備を選ぶことが重要です。

 

専用の充電器:家庭用の普通充電器もしくは、より大量の電力を短時間で充電できる急速充電器を導入することで、発電した電力をEVへ効率的に供給できます。

 

メンテナンス:適切な性能を保つためには、定期的なチェックとメンテナンスが不可欠です。バッテリーの寿命や状態を確認し、必要ならば交換を行います。

 

 

余剰電力の有効活用方法とそのメリット

太陽光発電システムは、自家消費電力を賄った後、余った電力(余剰電力)をどう利用するかが重要なポイントとなります。この余剰電力の活用方法とそのメリットについて解説します。

 

余剰電力の有効活用方法としては、大きく分けて次の3つがあります。

 

1.電力会社への売電:最も一般的な利用方法であり、FIT(固定価格買い取り制度)に基づいて電力会社が余剰電力を買取ることで利益を得られます。

 

2.蓄電池への蓄電:蓄電池に余剰電力を貯めておき、主に夜間や停電時に利用することが可能です。

 

3.EV(電気自動車)への充電:電気自動車の充電に余剰電力を使用する方法も増えてきており、エコドライブに貢献します。

 

次に、各活用方法のメリットについて説明します。

 

1.電力会社への売電:定められた買取価格で確実に利益を得られる点がメリットです。FIT制度は2023年に終了しましたが、その後も電力会社との契約により変動価格で売電が可能です。

 

2.蓄電池への蓄電:停電時などの非常用電源として利用でき、電力需要のピーク時間に自家発電した電力を使用することで電気代を削減できます。

 

3.EVへの充電:燃料コストを削減でき、CO2排出量も抑制できるため、環境への負荷を軽減します。また、自宅で充電できるため時間の節約や移動の自由度が増します。

 

 

本記事では、太陽光発電と電気自動車の相乗効果について、また余剰電力の有効活用方法とそのメリットについて詳しく解説しました。自然エネルギーの導入は、私たちの生活を豊かにするだけでなく、持続可能な社会の実現にも一役買っています。

 

しかしながら、発電設備の選択や導入には多くの要素を考慮しなければなりません。家具の設置場所、費用、収益性、メンテナンス内容、地方自治体からの補助金の有無など、一筋縄ではいかない事項もあります。そのため、自分だけで情報を集めて判断するのはなかなか難しいものです。

 

そこで、専門的な知識を持ったプロに相談をすることを推奨します。当社では、太陽光発電の導入を検討しているお客様に対して、そのメリット・デメリット、費用対効果、適切な設備の選択について的確なアドバイスを提供しています。また、電気自動車の充電環境整備や余剰電力活用策についても、専門的な視点からアドバイスを行います。

 

太陽光発電という新たなエネルギーについて、今後の動向や新たな情報を得るためにも、定期的に当社の情報サイトをご覧いただければ幸いです。

 

お問い合わせはメールや電話で受け付けています。自宅や事業所の環境、ご予算などをお知らせいただければ、より具体的な提案をさせていただきます。

 

今世界は、自然エネルギーによる持続可能な社会を目指しています。これらの取り組みを通じて、エネルギーの新たな可能性を開くことは、個々のライフスタイルを充実させるだけでなく、地球全体の未来への貢献にもつながります。あなたのエネルギー選択が、より良い未来を創る一助となることを願っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

太陽光発電に関してはコチラから!

 

株式会社橋本電気

住所:大阪府大阪市港区築港4-10-29 FTビル

TEL:06-4395-6560

お問い合わせはコチラから!

 

CONTACTお問い合わせ